退職トラブルを防ぐために

結婚や出産を機に会社を円満したいと思う人間は多いものです。退職だけではなく、転職をする際にも当然前の会社は退職をする必要がありますが、場合によっては辞めた後に前の会社から連絡があったり、ひどい場合には仕事に不備があったとして責任を追求され、落ちついて退職後の生活に集中できないこともありえます。

具体的な例としては、仕事の進め方がわからなくなってしまった、備品が見つからなくなってしまった、取引先とのやり取りがどうなっているのか不明など、引き継ぎ不十分で困らせてしまうケースが挙げられます。その一方で悪質な企業の場合、そのせいで仕事に損害が発生したと賠償を請求してくることさえあり得ます。そういった自分にとって不利なことを防ぐために、退職前に総務などに様々な条件や規定をしっかりと確認しておきましょう。

自分で徹底するべきなのは、制服や、名刺といった会社から貸与、付与されたものはきちんと返還し、パソコンなどのID、セキュリティに関しても再度アクセスができないように変更を依頼しておくこと。こうすれば「退職後に不正にアクセスした」などの言いがかりも防げます。そして仕事の進め方、引き継ぎなどに関してもしっかり上司の指示を仰いで残すべき書類やメールを確認し、その引き継ぎ指示を完了したことを証明しておきましょう。こういった自分での心がけをしていけば、退職後のトラブルを防いで円満退職を実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です