次の仕事に進むための前準備

仕事をしていると、自分に合っている職種ではなかったり、今の仕事をしているうちに新たにやりたい仕事が見つかったり、自分には他に向いている仕事があるかもなどと感じる時があるでしょう。今の仕事を続ける選択を振り切って、新たな一歩を踏み出したい時はどうしたらいいのでしょうか。

次の仕事が紹介などで既に見つかっている場合や、一旦今の仕事を退職してから勉強をしたり、自分の道を探すなどいろいろな進み方があります。どんな選択の場合でも仕事を退職する時は、社会人としてまた自分自身の為にも会社、自身共に気持ちよく辞めたいものです。

退職を希望する場合は、仕事の種類にもよりますが、最低1か月前には上司に報告したいものです。職種によってはそれより以前に伝えておかないと、後に仕事を引き継ぐ人に迷惑をかけかねません。上司に退職理由といつ頃自分は辞めたいのかを伝えた上で退職する時期を相談して日程を決めると良いでしょう。

辞める事が決まった後は、上司の許可が下りた後に同僚に伝えて、後任の人への引き継ぎが始まります。後の人が困る事の無いように口頭で伝える事はもちろん、業務内容などを文書にして残しておいておくことが必須です。「今後、自分は別の道に進むから前の職場はどうなろうが関係ない」の精神ではなく、きちんと整理して信用のおける辞め方をする事で、円満に退職ができ自身の社会的信用もアップします。そうやって円満に退職できた実感が、新しい場所で活躍しようとする自分も後押ししてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です